More from: コレクション

【Information / お知らせ】 WILLY CHAVARRIA (ウィリーチャバリア) | 本日8月26日(日)より、2018-19A/W ファーストデリバリースタート!

本日、2018年8月26日(日)より、<WILLY CHAVARRIA (ウィリーチャバリア)>2018-19A/Wのファーストデリバリーがスタート致しました。

Unknown-1

[デザイナープロフィール WILLY CHAVARRIA]

 デザイナー WILLY CHAVARRIAはラルフローレンでキャリアを積み、2005年にニューヨークで小さなヴィンテージビジネスとしてPalmer Trading Companyをスタート。

Palmer Trading Companyではニューヨークのストリート(フリーマッケット)でヴィンテージアイテムを販売する事から自身のビジネスを始め、2010年に小さなヴィンテージショップをニューヨークのソーフォーにオープンさせ現在も運営しています。

2015FWよりWILLY CHAVARRIAをスタート。

[ブランドコンセプト WILLY CHAVARRIA]

 WILLY CHAVARRIAのベースには1940年代の“パチューコ”カルチャーが色濃く反映されています。当時“パチューコ”はあまり良い言葉ではありませんでしたが、この時代はバギー・スタイルが生まれ流行した時代です。

主にハイウエスト、ロングジャケットが生み出された時代で、多くのアメリカン・メキシカンの間で流行し、このカルチャーは総称で“パチューコ”や“チカーノ”といわれています。

デザイナーWILLY CHAVARRIAが提案するスタイリングは1980年代から1990年代のカリフォルニアのSan Joaquin Valley(サンホアキン・バレー)のストリートスタイルです。

ストリート・カルチャーを強くラグジュアリーなイメージに落とし込み、タフでマスキュリンなスタイルを仕上げました。

“私が提案する洋服は“自信”を持ってもらう為の物なのです。人々はプライド持ち、私の服を着用することによって、その気持ちを感じて欲しいのです。私は自分自身を表現したい、個性的な表現をしたい人々の為に洋服をデザインしています。”

それでは同ブランドの2018-19A/WのLOOK BOOKを再度ご覧下さい。

RB1_9053

RB1_9071

RB1_9096

RB1_9110

RB1_9131

RB1_9157

RB1_9179

RB1_9205

RB1_9222

RB1_9254

RB1_9275

RB1_9296

RB1_9316

RB1_9339

RB1_9360

RB1_9386

RB1_9408

RB1_9437

RB1_9457

RB1_9479

RB1_9502

RB1_9525

RB1_9542

RB1_9567

RB1_9581

RB1_9598

RB1_9624

RB1_9646

RB1_9661

RB1_9682

RB1_9705

尚、ファーストデリバリーアイテムは後日、ブログやSNS等でご紹介致します。

同ブランドに関しましては、LINKS GOHONGIのみの展開となります。

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


【Information / お知らせ】STUDIO NICHOLSON(スタジオニコルソン) | 本日8月25日(土)より、2018-19A/W ファーストデリバリースタート!

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-18-thumb-660xauto-810967

本日、2018年8月25日(土)より、<STUDIO NICHOLSON(スタジオニコルソン)>2018-19A/Wのファーストデリバリーがスタート致しました。

fullsizeoutput_641f

Designer : Nick Wakeman

イギリス発のブランド「STUDIO NICHOLSON」がデビュー7年目の2017-18FWシーズンより、メンズコレクションをスタート。

デザイナーNick Wakemanはもともと紳士服でキャリアをスタートさせ、ウィメンズワードローブでも、シルエット、ディテール、仕上げ、テキスタイルなど様々な側面でメンズ的要素を程よく取り込んだクリーンなコレクションを発表し続けています。

新たにプロダクトディレクターにCharlie Mellorを加え、Paris Fashion Weeks / Fall-winter 17 / 18の展示会でメンズのデビューコレクションを発表。

ニックいわく“私の欲しい服はいつもメンズテーラーだった。そしてやはりいつも着ていたものはメンズ。紳士服に対してより強い感情的な思いを抱いていたのは、やはり以前、私が元紳士服デザイナーとして、シルエット、ディティール、そして仕上げというデザインの全側面に対して男性的な視点を通してアプローチしていたからだと思うわ。”と。

「“ STUDIO NICHOLSON」という婦人服のビジネスを始めて6年が経ち、自分のもっている紳士服への思いを形にするタイミングが今だと覚りました。 私たちは婦人服のSTUDIO NICHOLSONとともに新しく、紳士服のSTUDIO NICHOLSONをスタートするべくCharlie Mello(r チャーリー メロー)をメンズのプロダクトディレクターとして招きました。チャーリーはFred Perryで8年間デザインセクションのトップを務め、その期間にRaf Simons, Drakes,Comme des Garçonsらと一緒にプロジェクトをするなど、様々なビジネスコラボレーションを行ってきた人物。様々な彼の持っている男性的な視点と私の持っているものが相乗効果で更なるプラスの機能として働くはず。

ウィメンズとしての男性的な要素を含んだ婦人服「STUDIO NICHOLSON」を探し求めたどり着いた今、この2017年の秋冬に紳士服「STUDIO NICHOLSON」を発表します。

レディースのデザインと同時期に製作されるメンズは、同様に丁寧にデザイン構築され、かつコーディネート(スタイリング)を建築的に提供していきます。 いまこそまさに私のメンズがマーケットに求められ始め自然な状態で進行していくと信じています。ここ数カ月のこのメンズのデザイン活動は、信じられないほどのエナジーを私に与え続け、近い将来新たな未知の領域へ飛び込めるかもと自分自身でエキサイトしているのです。 補足しますが、メンズは決して小さいサイズでもレディースショップにて展開はしていきません。決してユニセックスとして今後の進歩を望んでいないからです。 つまり同じ生地を使って同じスタイリングのデザインに見えても、実はまったくパターンカッテイングは別物なのです!

メンズは紳士服、レディースは婦人服なのです!ジェンダーレスでは決してないのです

見た目はミラーのように対象的で同じ(ただのサイズ違い)に見えますが全く違うのです。 そこが私のデザイン活動に駆り立てられたのでしょう。

それでは同ブランドの2018-19A/WのLOOK BOOKを再度ご覧下さい。

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-1-thumb-660xauto-810950

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-2-thumb-660xauto-810951

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-3-thumb-660xauto-810952

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-4-thumb-660xauto-810953

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-5-thumb-660xauto-810954

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-6-thumb-660xauto-810955

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-7-thumb-660xauto-810956

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-8-thumb-660xauto-810957

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-9-thumb-660xauto-810958

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-10-thumb-660xauto-810959

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-11-thumb-660xauto-810960

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-12-thumb-660xauto-810961

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-13-thumb-660xauto-810962

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-14-thumb-660xauto-810963

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-15-thumb-660xauto-810964

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-16-thumb-660xauto-810965

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-17-thumb-660xauto-810966

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-18-thumb-660xauto-810967

尚、ファーストデリバリーアイテムは後日、ブログやSNS等でご紹介致します。

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


【Information / お知らせ】 URU(ウル) | 2018-19A/W LOOK BOOK(2018-19年秋冬ルックブック)

 本日、2018年8月11日(土)より、<URU(ウル)>2018-2019A/Wのファーストデリーバリーがスタート致しました。

uru

<URU(ウル)>のコンセプトは「Accelerate Creativity Accelerate Imagination -想像力(頭)と技術力(手)の加速-」。

デザイナーは漆山政春。世界で活躍してきた数々のコレクションブランドのパタンナーとして活躍後、独立。生粋のパタンナー畑で培われてきた技術力、ノウハウを元に新たな視点、想像力で原型を壊し自らの線で新しい形に再構築する。

それでは、同ブランドの2018-19A/W LOOKをご紹介致します。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

尚、ファーストデリバリーは7月中旬を予定しております。

同ブランドに関しましては、LINKS GOHONGIのみの展開となります。

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


【Information / お知らせ】 FRANK LEDER(フランクリーダー) | 8月10日(金)より2018-19A/W ファーストデリバリースタート!

Leder_FW1819_Motiv_10_142

8月10日(金)より、<FRANK LEDER(フランクリーダー)>2018-19A/Wのファーストデリバリーがスタート致します。

そこで本日は、同ブランドの今シーズンのテーマとルックをご紹介致します。

名称未設定 2 のコピー

AUTUMN / WINTER 2018-2019

“MEUTEN(モイテン)”

今シーズンのテーマは、ナチスドイツ政権下に置いて、”反ナチ運動”の一部であった、若者グループについてです。

“MEUTEN(モイテン)”は、英訳すると”PACK”。

それでは、ストリートギャングのグループという意味で、今回FRANK LEDERは、そのストリートギャングのグループの中でも特に”LEIPZIGER MEUTEN(ライプティヒ モイテン)”に注目しました。

この”LEIPZIGER MEUTEN(ライプティヒ モイテン)”の他にも、ケルンのエーデルヴァイス海賊団”EDEL WEISSPIRATEN”とハンブルクの”SWINGJUGEND”の2つのグループから着想を得てコレクションを作り上げました。

これらのグループはドイツの若い男女達で構成され、1930年から1940年代のナチスドイツ政権に抵抗し、ヒトラーユーゲント(ヒトラー青少年団)に参加することを拒み、それぞれ異なる反抗運動を行なっていました。

例えば、”LEIPZIGER MEUTEN”は、社会主義、共産主義の情勢下、お互いがライプティヒの通りでも認識できるレザーパンツに独特のスカウトユニフォームを着て、壁に反ナチの文を書いたり、反ナチがテーマのフライヤーを配るなど、しばしば田舎へハイキングに行っていました。

また、”EDEL WEISSPIRATEN”は、EDEL WEISSのバッジを付けた、アグレッシブな集団で、ヒトラーユーゲントたちと衝突することも度々ありました。

ハンブルクの”SWINGJUGEND”は、上流階級出身者が多く、彼らの装い、禁じられていたジャズ、スウィングミュージックの嗜好を通して反抗していました。

それは本質的に1930年代におけるパンクでした。

ルックは主に”SWINGJUGEND”に焦点を当て、スタジオの中に中庭を描き、ゴミ箱を置いて完成となったセットを作り撮影を行なっています。

ガーメントに関しては以下の5つのグループに分けて制作しています。

1.GROUP : “ARCHIVE” LINE

アーカイブラインは、デザイナー自身が過去のシーズンの興味深く、アイコニックな洋服を選び出し、主に黒の生地で再び製作しています。

全てのアイテムは、各シーズンの参考用写真付きのFRANK LEDERのアーカイブバッグに入って販売されます。

今後は、毎シーズン新たなアイテムが加わってリリースされる予定で、このラインは今回からグローバルにプレミアムラインになります。

STYLE2とSTYLE5は、ビンテージのバッジとテープが付き、それ故に、商品にはそれぞれ違ったアイテムが付属されます。

また、STYLE16はパンの中に入れられて梱包されます。

2.GROUP : BLUESTRIPED 1970′s BEDSHEET SHIRTS

デザイナーが旅をする中で、幸運なことに見つけ出した70′sのデッドストックのブルーストライプベッドシーツを使ったグループ。

一枚のシーツから一枚のシャツのみの生産となり、全世界でたった194枚しか手に入れることができない貴重なアイテムです。

この素材は普段の使用しているベットシーツとは異なり、冬向きのヘビーな素材で、秋冬シーズンにしかリリースされません。

製品には、オリジナルのタグをサイド、そして内側にFLのスタンプが付いています。

今後、このブルーのストライプが入っているシーツは、世界中で売れてしまうことも予想されるため、もう見つかることはないでしょう。

3.GROUP : TAILORED SET No.1 & No.2

バイエルンのメンズテイラーのスペシャリスト「HERRENSCHNEIDER」による120s WOOLを使った高いクオリティーのテイラードスーツのグループ。

トラウザーとブレザーのセットはラグジュアリーな「FRANL LEDER」ののガーメントバッグとハンガー、メタルプレートが付属されます。

どちらのセットも世界で15セットしか生産されない完全なリミテッドアイテム。

次のシーズンは新たに違う生地で2つのセットをリリースされる予定です。

どのスーツにもハンドカット、裏地はホースヘアー混の生地、ハンドフィニッシュで仕上げています。

ボタンは、デザイナー自身が選んだレアなビンテージボタンを使用し、ブレザー、トラウザーどちらもハイスタンダードに仕上げています。

 4.GROUP : “VINTAGE FABRIC EDITION”

このグループは、全てのアイテムにデザイナーが過去10年以上使用しているビンテージファブリックを用いています。

これは、FRANK LEDERの過去10年間に使われてきた生地のアーカイブを見ることができる良い機会になります。

そして、カラーグループ内で違う生地を組み合わせることによって、新たな興味深いアイテムが出来上がりました。

ビンテージ生地を使用しているため、生産数が限られており、万が一、一つのアイテムにオーダーが集中し、生地の一つがショートした場合、似寄りの代替の生地で生産される場合もあります。

この生産スタイルは、一つの素材からカットされる通常のアイテムの倍の費用がかかるため、その分製品の価格も高くなります。

 5.GROUP : DEUTSCHLEDER GROUP

工場と協力体制を築くことにより生産が可能になったジャーマンレザーシリーズ。

新色のブラウンはFLがオリジナルで制作したエクスクルーシブな生地です。

それはとても綺麗なブラウントーンで、スタンダードなブラックカラーととても相性が良い色合いです。

また、ジャーマンレザーのアイテムは、はるかに強力なグループとなり、既存のスタイルをさらに開発してインサイドポケットをつけ、仕上げを改善しています。

ジャーマンレザーシリーズに関しては、常に一つか二つ、毎冬、新しいスタイル、また新しいカラーを増やしてリリースされていく予定です。

コアなグループのジャーマンレザーは、工場がこの分厚い生地を取り扱うことを望まない現状から、実際に生産するのが大変困難で、それ故価格が高いグループとなってきています。

ボタンホールマシーンや縫製マシーンは生産の後、常に壊れてしまうので、技術者より解体修理が必要となるほど、本当にタフな素材です。

ボタンについて

ほとんどのガーメントがビンテージのボタンを使用しています。

それでは限りがあるということで、何らかの種類が無くなってしまう可能性があります。

今までは、全く幸運なことにギリギリ足りていましたが、ビンテージボタンをストックすることが年々困難な状況になりつつあります。

いくつかのアイテムは展示会時のサンプルとは異なるボタンで生産する可能性がありますが、とても近いボタンを選び、ビンテージボタンを使用することを目指しています。

それでは同ブランドの2018-19A/WのLOOK BOOKをご覧下さい。

Leder_FW1819_Motiv_31_052 Leder_FW1819_Motiv_28_096 Leder_FW1819_Motiv_26_013 Leder_FW1819_Motiv_25_006 Leder_FW1819_Motiv_23_070 Leder_FW1819_Motiv_20_111 Leder_FW1819_Motiv_17_065 Leder_FW1819_Motiv_15_002 Leder_FW1819_Motiv_14_110 Leder_FW1819_Motiv_13_190 Leder_FW1819_Motiv_10_142 Leder_FW1819_Motiv_09_053 Leder_FW1819_Motiv_08_019 Leder_FW1819_Motiv_07_007 Leder_FW1819_Motiv_06_065 Leder_FW1819_Motiv_02_076 Frank_Leder_FW1819_Motiv_01_042

入荷アイテムに関しては後日ブログやSNS等でご紹介致します。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


【Information / お知らせ】 TOKEN SURFBOARDS(トークンサーフボーズ) | 2018-19A/W LOOK BOOK(2018-19年秋冬ルックブック)

本日のブログでは、<TOKEN SURFBOARDS(トークンサーフボーズ)>2018-19A/WのLOOKをご紹介致します。

TOKEN

https://tokentokentoken.nyc

<TOKEN SURFBOARDS(トークンサーフボーズ)>はニューヨークをベースにしたブランドです。手作業で作成するサーフボードとメンズウェアーを展開しています。私達のレーベルは2011年に立ち上がり初めてのコレクションを2016年春夏よりスタートしました。

同ブランドのメンズウェアー・コレクションはストリートウェアと洗練されたものと現代的なもののコンビネーションで展開されるブランドです。

サーフ、スケート、アート、ニューヨークのシーンからインスピレーションを受けています。また若者の活動(ムーブメント)やユニークで新鮮なサーフとファッションを提案します。同ブランドの創設者はニューヨークに住み、考え、サーフィンをしています。

全てのサーフボードは最初から最後迄ブルックリンのワークショップで作られています。

オープンマインドな考え方とサーフ・シーンの融合がtokenのニューヨークシティーにおけるクリエイティブのエネルギーとなるのです。

“From New York with Love” (ニューヨークから愛を込めて。)をスローガンとして掲げているブランド創立者は、欲望のままに洋服作りに興味を注いでいるのです。ニューヨーク特有のサブカルチャーのビジュアルや一匹狼的な雰囲気にとても影響を受けています。

それでは、同ブランドの2018-19A/WのLOOK BOOKをご覧下さい。

TOKEN FW_018 _ 019 LOOKBOOK(ドラッグされました) 1のコピー TOKEN FW_018 _ 019 LOOKBOOK(ドラッグされました) 2のコピー TOKEN FW_018 _ 019 LOOKBOOK(ドラッグされました) 3のコピー TOKEN FW_018 _ 019 LOOKBOOK(ドラッグされました) 4のコピー TOKEN FW_018 _ 019 LOOKBOOK(ドラッグされました)のコピー

尚、ファーストデリバリーは8-9月を予定しております。

同ブランドに関しましては、LINKS GOHONGIのみの展開となります。

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


 プレゼンテーション3のコピー

只今、LINKSでは日頃のご愛顧に感謝して、MORE SALE(モアセール)を開催中です。

最大55%OFFと大変お求めやすくなっておりますので、この機会に是非ともご利用頂きますよう心よりお願い申し上げます。

【開催期間】2018年7月13日(金)〜

【開催店舗】LINKS Gohongi , LINKS Nakameguro , LINKS Online Shop

<NEEDLES(ニードルズ)><Rebuild by Needles(リビルドバイニードルズ)>に関しては、ブランドの意向によりオンラインショップ上にSALE価格の表示ができません。SALE価格はメールもしくはお電話でお問い合わせ下さい。

※一部商品は対象外がございます。

※セール商品の交換、返品はお受け出来ませんので、予めご了承ください。

※セール期間を設けておりませんので、事前の告知無く終了することがございます。

※店舗とオンラインショップでは割引率が異なります。

※セール品のお取り置きはお断りしております。


 

fullsizeoutput_e618

新店舗「LINKS NAKAMEGURO」が2018年3月23日(金)にオープン。
東急東横線中目黒駅が最寄り駅で、メンズウェアはもちろん、ウィメンズウェアや古着も展開。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
名称未設定のコピー

 


【Information / お知らせ】 WILLY CHAVARRIA (ウィリーチャバリア) | 2018-19A/W LOOK BOOK(2018-19年秋冬ルックブック)

本日のブログでは、<WILLY CHAVARRIA (ウィリーチャバリア)>2018-19A/WのLOOKをご紹介致します。

Unknown-1

[デザイナープロフィール WILLY CHAVARRIA]

 デザイナー WILLY CHAVARRIAはラルフローレンでキャリアを積み、2005年にニューヨークで小さなヴィンテージビジネスとしてPalmer Trading Companyをスタート。

Palmer Trading Companyではニューヨークのストリート(フリーマッケット)でヴィンテージアイテムを販売する事から自身のビジネスを始め、2010年に小さなヴィンテージショップをニューヨークのソーフォーにオープンさせ現在も運営しています。

2015FWよりWILLY CHAVARRIAをスタート。

[ブランドコンセプト WILLY CHAVARRIA]

 WILLY CHAVARRIAのベースには1940年代の“パチューコ”カルチャーが色濃く反映されています。当時“パチューコ”はあまり良い言葉ではありませんでしたが、この時代はバギー・スタイルが生まれ流行した時代です。

主にハイウエスト、ロングジャケットが生み出された時代で、多くのアメリカン・メキシカンの間で流行し、このカルチャーは総称で“パチューコ”や“チカーノ”といわれています。

デザイナーWILLY CHAVARRIAが提案するスタイリングは1980年代から1990年代のカリフォルニアのSan Joaquin Valley(サンホアキン・バレー)のストリートスタイルです。

ストリート・カルチャーを強くラグジュアリーなイメージに落とし込み、タフでマスキュリンなスタイルを仕上げました。

“私が提案する洋服は“自信”を持ってもらう為の物なのです。人々はプライド持ち、私の服を着用することによって、その気持ちを感じて欲しいのです。私は自分自身を表現したい、個性的な表現をしたい人々の為に洋服をデザインしています。”

それでは同ブランドの2018-19A/WのLOOK BOOKをご覧下さい。

RB1_9053 RB1_9071 RB1_9096 RB1_9110 RB1_9131 RB1_9157 RB1_9179 RB1_9205 RB1_9222 RB1_9254 RB1_9275 RB1_9296 RB1_9316 RB1_9339 RB1_9360 RB1_9386 RB1_9408 RB1_9437 RB1_9457 RB1_9479 RB1_9502 RB1_9525 RB1_9542 RB1_9567 RB1_9581 RB1_9598 RB1_9624 RB1_9646 RB1_9661 RB1_9682 RB1_9705

尚、ファーストデリバリーは8-9月を予定しております。

同ブランドに関しましては、LINKS GOHONGIのみの展開となります。

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


 プレゼンテーション3のコピー

只今、LINKSでは日頃のご愛顧に感謝して、MORE SALE(モアセール)を開催中です。

最大55%OFFと大変お求めやすくなっておりますので、この機会に是非ともご利用頂きますよう心よりお願い申し上げます。

【開催期間】2018年7月13日(金)〜

【開催店舗】LINKS Gohongi , LINKS Nakameguro , LINKS Online Shop

<NEEDLES(ニードルズ)><Rebuild by Needles(リビルドバイニードルズ)>に関しては、ブランドの意向によりオンラインショップ上にSALE価格の表示ができません。SALE価格はメールもしくはお電話でお問い合わせ下さい。

※一部商品は対象外がございます。

※セール商品の交換、返品はお受け出来ませんので、予めご了承ください。

※セール期間を設けておりませんので、事前の告知無く終了することがございます。

※店舗とオンラインショップでは割引率が異なります。

※セール品のお取り置きはお断りしております。


 

fullsizeoutput_e618

新店舗「LINKS NAKAMEGURO」が2018年3月23日(金)にオープン。
東急東横線中目黒駅が最寄り駅で、メンズウェアはもちろん、ウィメンズウェアや古着も展開。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
名称未設定のコピー


【Information / お知らせ】STUDIO NICHOLSON(スタジオニコルソン) | 2018-19A/W LOOK BOOK(2018-19年秋冬ルックブック)

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-18-thumb-660xauto-810967

本日のブログでは、<STUDIO NICHOLSON(スタジオニコルソン)>2018-19A/WのLOOKをご紹介致します。

fullsizeoutput_641f

Designer : Nick Wakeman

イギリス発のブランド「STUDIO NICHOLSON」がデビュー7年目の2017-18FWシーズンより、メンズコレクションをスタート。

デザイナーNick Wakemanはもともと紳士服でキャリアをスタートさせ、ウィメンズワードローブでも、シルエット、ディテール、仕上げ、テキスタイルなど様々な側面でメンズ的要素を程よく取り込んだクリーンなコレクションを発表し続けています。

新たにプロダクトディレクターにCharlie Mellorを加え、Paris Fashion Weeks / Fall-winter 17 / 18の展示会でメンズのデビューコレクションを発表。

ニックいわく“私の欲しい服はいつもメンズテーラーだった。そしてやはりいつも着ていたものはメンズ。紳士服に対してより強い感情的な思いを抱いていたのは、やはり以前、私が元紳士服デザイナーとして、シルエット、ディティール、そして仕上げというデザインの全側面に対して男性的な視点を通してアプローチしていたからだと思うわ。”と。

「“ STUDIO NICHOLSON」という婦人服のビジネスを始めて6年が経ち、自分のもっている紳士服への思いを形にするタイミングが今だと覚りました。 私たちは婦人服のSTUDIO NICHOLSONとともに新しく、紳士服のSTUDIO NICHOLSONをスタートするべくCharlie Mello(r チャーリー メロー)をメンズのプロダクトディレクターとして招きました。チャーリーはFred Perryで8年間デザインセクションのトップを務め、その期間にRaf Simons, Drakes,Comme des Garçonsらと一緒にプロジェクトをするなど、様々なビジネスコラボレーションを行ってきた人物。様々な彼の持っている男性的な視点と私の持っているものが相乗効果で更なるプラスの機能として働くはず。

ウィメンズとしての男性的な要素を含んだ婦人服「STUDIO NICHOLSON」を探し求めたどり着いた今、この2017年の秋冬に紳士服「STUDIO NICHOLSON」を発表します。

レディースのデザインと同時期に製作されるメンズは、同様に丁寧にデザイン構築され、かつコーディネート(スタイリング)を建築的に提供していきます。 いまこそまさに私のメンズがマーケットに求められ始め自然な状態で進行していくと信じています。ここ数カ月のこのメンズのデザイン活動は、信じられないほどのエナジーを私に与え続け、近い将来新たな未知の領域へ飛び込めるかもと自分自身でエキサイトしているのです。 補足しますが、メンズは決して小さいサイズでもレディースショップにて展開はしていきません。決してユニセックスとして今後の進歩を望んでいないからです。 つまり同じ生地を使って同じスタイリングのデザインに見えても、実はまったくパターンカッテイングは別物なのです!

メンズは紳士服、レディースは婦人服なのです!ジェンダーレスでは決してないのです

見た目はミラーのように対象的で同じ(ただのサイズ違い)に見えますが全く違うのです。 そこが私のデザイン活動に駆り立てられたのでしょう。

それでは同ブランドの2018-19A/WのLOOK BOOKをご覧下さい。

STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-1-thumb-660xauto-810950 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-2-thumb-660xauto-810951 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-3-thumb-660xauto-810952 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-4-thumb-660xauto-810953 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-5-thumb-660xauto-810954 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-6-thumb-660xauto-810955 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-7-thumb-660xauto-810956 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-8-thumb-660xauto-810957 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-9-thumb-660xauto-810958 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-10-thumb-660xauto-810959 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-11-thumb-660xauto-810960 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-12-thumb-660xauto-810961 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-13-thumb-660xauto-810962 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-14-thumb-660xauto-810963 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-15-thumb-660xauto-810964 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-16-thumb-660xauto-810965 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-17-thumb-660xauto-810966 STUDIONICHOLSON-mens-2018-19aw-18-thumb-660xauto-810967

尚、ファーストデリバリーは8月を予定しております。

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com



 プレゼンテーション3のコピー

只今、LINKSでは日頃のご愛顧に感謝して、MORE SALE(モアセール)を開催中です。

最大55%OFFと大変お求めやすくなっておりますので、この機会に是非ともご利用頂きますよう心よりお願い申し上げます。

【開催期間】2018年7月13日(金)〜

【開催店舗】LINKS Gohongi , LINKS Nakameguro , LINKS Online Shop

<NEEDLES(ニードルズ)><Rebuild by Needles(リビルドバイニードルズ)>に関しては、ブランドの意向によりオンラインショップ上にSALE価格の表示ができません。SALE価格はメールもしくはお電話でお問い合わせ下さい。

※一部商品は対象外がございます。

※セール商品の交換、返品はお受け出来ませんので、予めご了承ください。

※セール期間を設けておりませんので、事前の告知無く終了することがございます。

※店舗とオンラインショップでは割引率が異なります。

※セール品のお取り置きはお断りしております。


 

fullsizeoutput_e618

新店舗「LINKS NAKAMEGURO」が2018年3月23日(金)にオープン。

東急東横線中目黒駅が最寄り駅で、メンズウェアはもちろん、ウィメンズウェアや古着も展開。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
名称未設定のコピー

 


【Information / お知らせ】YASHIKI(ヤシキ) | 2018-19A/W LOOK BOOK(2018-19年秋冬ルックブック)

010

本日のブログでは、<YASHIKI(ヤシキ)>2018-19A/WのLOOKをご紹介致します。

head_logo_01 のコピー

両毛産地である栃木にて、古くからの職人たちの技術でモノ作りを行う2014年春夏に発足された新進気鋭のニットブランド <YASHIKI(ヤシキ)>。

[ Public ] / [ Praivate ] , [ Weekday ] / [ Holiday ] , [ Business ] / [ Playing ]
オンタイムとオフタイムを行き来する、場所・時間・お金に縛られないスタイルを提案。

シーズンテーマは[ 波の花 ] NAMINOHANA。

高い波が打ち付ける岩場、凍てつく冷気

厚い雲に覆われた冬の能登の海岸

多くの観光客でにぎわう夏の海とは一変

どこか寂しげだった

大人になった私がそんな海岸沿いを歩いていると

一人のおばあちゃんと出会った

少し会話をして別れを告げると

おばあちゃんはくるみを私にくれた

そのくるみは海岸に流れつくくるみを拾ったものだという

そういえば父も昔、海岸でくるみを拾っていたのだと話していた

何十年も変わらずに続く営み

その中の一つが思い出とともに巡り巡って私の元へとたどりついた

自分が知らなかっただけで変わらずにあった日常と

そこから感じるぬくもり

別れたおばあちゃんを背に

ほんのりと熱を帯びたくるみを握りしめ

ふと海に目を向けてやると

波の花が海から空へと綺麗に舞っていた

今回の<YASHIKI(ヤシキ)>2018-19A/W COLLECTIONでは、デザイナーが大人になってから訪れた冬の能登の海岸をテーマにそこから感じた温もりをニットに落とし込んでいます。

それでは同ブランドの2018-19A/WのLOOK BOOKをご覧下さい。

024 022 017 013 018 014 021 032 030 028 029 027 026 025 016 011 023 020 009 012 008 010 019 003 007 006 005 031 004 015 002 001

尚、ファーストデリバリーは8月中旬を予定しております。

同ブランドに関しましては、LINKS GOHONGIのみの展開となります。

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


 プレゼンテーション3のコピー

只今、LINKSでは日頃のご愛顧に感謝して、MORE SALE(モアセール)を開催中です。

最大55%OFFと大変お求めやすくなっておりますので、この機会に是非ともご利用頂きますよう心よりお願い申し上げます。

【開催期間】2018年7月13日(金)〜

【開催店舗】LINKS Gohongi , LINKS Nakameguro , LINKS Online Shop

<NEEDLES(ニードルズ)><Rebuild by Needles(リビルドバイニードルズ)>に関しては、ブランドの意向によりオンラインショップ上にSALE価格の表示ができません。SALE価格はメールもしくはお電話でお問い合わせ下さい。

※一部商品は対象外がございます。

※セール商品の交換、返品はお受け出来ませんので、予めご了承ください。

※セール期間を設けておりませんので、事前の告知無く終了することがございます。

※店舗とオンラインショップでは割引率が異なります。

※セール品のお取り置きはお断りしております。


 

fullsizeoutput_e618

新店舗「LINKS NAKAMEGURO」が2018年3月23日(金)にオープン。
東急東横線中目黒駅が最寄り駅で、メンズウェアはもちろん、ウィメンズウェアや古着も展開。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
名称未設定のコピー

【Information / お知らせ】 CLASS(クラス) | 2018-19A/W LOOK BOOK(2018-19年秋冬ルックブック)

classpool18

本日のブログでは、<CLASS(クラス)>2018-19A/WのLOOKをご紹介致します。

f0226010_21273044

Designer : 堀切 道之氏

デザイナー堀切 道之氏 が手がける、「恒久的なアイテムをアヴァンギャルドに、アヴァンギャルドなアイテムをリアルクロージングに」というテーマでスタイリングに重きを置き構成されたパーソナルブランド。

- CLASS 2018-19 A/W COLLECTION THEME -

JYURYOKU(Gravity)

CLASS(クラス)>2018-19A/Wシーズンのテーマは、”JYURYOKU(Gravity)“。

SHIGERU BAN(建築家)
コンクリートで作られた丈夫な建築物でも必要とされなければ壊される、紙で作られた軽い建築物でも、人に愛され必要とされれば持続する、パーマネントとは、素材の丈夫さではない。
TOKIO KUMAGAI(ファッションデザイナー)
HOMMAGE d TOKIOKUMAGAIからの引用
伝統の重力があって初めて本当の軽さがあると知るべき。
ファッションがどう社会に貢献出来るのか、日本の風土に適した素材やテクニックの探求、洋服を一つの道具としてとらえ、現実をベースに未来に向けて必要なものは何かを考え、進めていくこと。

それでは、同ブランド2018-19A/WのLOOKをご覧下さい。

classpool01 classpool02 classpool03 classpool04 classpool08 classpool09 classpool11 classpool12 classpool14 classpool18 classpool19 classpool21 classpool22 classpool24 classpool27 classpool30 classpool31 classpool33 classpool34

尚、ファーストデリバリーは7-8月を予定しております。

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

同ブランドに関しましては、LINKS GOHONGIのみの展開となります。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


【Information / お知らせ】NEEDLES(ニードルズ) | 7月13日(金)より2018-19A/Wファーストデリバリースタート!!

NEEDLES_2018aw001

7月13日(金)より、<NEEDLES(ニードルズ)>2018-19A/Wのファーストデリバリーがスタート致します。

needles

Designer :

Keizou Shimizu / 清水 慶三

Web :

http://www.nepenthes.co.jp

Concept :

<nepenthes(ネペンテス)>の創立者である清水慶三がデザインを手掛けるメンズブランド。

日本におけるインポートファッションを20年に渡り牽引してきた経験から、そのネットワークを駆使し、世界各国のメーカーやクリエイターと盛んにプロジェクトを展開しています。

メンズウェアについての豊富な知識に裏打ちされた細部へのこだわり、そしてそこからの遊びや抜け感で、唯一無比の世界観を構築。

本日のブログでは、同ブランドのファーストデリバリーアイテムをお知らせ致します。

下記のブルーのマーカー部分が入荷予定のアイテムです。

あがり明細 - NDのコピー2 あがり明細 - NDのコピー3

また、同ブランドの2018-19A/W LOOK BOOKに関しては以下のブログをご覧ください。

https://www.links-room.info/information-109/

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com