More from: ルックブック

【Information / お知らせ】 FRANK LEDER(フランクリーダー) | 2018S/S ファーストデリバリースタート!

FRANK LEDER(フランクリーダー)>2018S/Sのファーストデリバリーがスタート致します。

そこで本日は、同ブランドの今シーズンのテーマとルックをご紹介致します。

名称未設定 2 のコピー

SPRING / SUMMER 2018

“BOHEMIA”

「ボヘミア」

今シーズンのコレクションは、<FRANK LEDER(フランクリーダー)>のバックボーンとなる「BOHEMIA(ボヘミア)」、ウーマンズコレクション、そして原点である「FUNDAMENT」で構成されています。この夏は、実験的であるというルーツに戻りました。お届けしたムービーでそのピースの重要性、仕事のプロセスを紹介しています。その映像を見ていただければわかるように、全て、私自身の手で生産しています。

「BOHEMIA(ボヘミア)」は、もちろんマインドとスタイルを意味し、また、この言葉の発祥の場所と地域にも関与しています。(そして私の父親が生まれた場所でもあります)コレクションを差別化し、強みをつくるために、私は「BOHEMIA(ボヘミア)」のための特別なラベルを作りました。すべてのラベルは自身でハンドスタンプしています。

暑い夏のことを考え、とても軽い生地を使いました。特に、新しいトラウザーとシャツのスタイルに注力しました。すべて軽くとてもリラックスできるパターンになっています。ボヘミアの町や村のビンテージポスターカードや請求書のグラフィックなどがいくつかのガーメントに付けられています。そのグラフィックのいくつかはポケットの上に付けられており、ポケットを使う際には破かなければなりません。お客様が着用するために、それらを自身ではがすことで、真の斬新なボヘミアンスタイルになります。

ルックブックイメージは、ボヘミアの人々「ボヘミアン」について、農業に従事する若者が強さと敏棲さを誇示するための集団競技について、民族社会学的探求と、アウトドアでの伝統的ボヘミアン・フォーク・アスレチックゲームのコンテストと練習を研究し、表現しました。このコンテストとその大胆さは、村の未婚の若い女性に、彼らの男らしさを証明し、後に結婚を考えてもらうことを目的としています。これが実際にウーマンズコレクションを作ることにつながり、2つのコレクションが1つのストーリー隣、テーマとつながっています。

以前紹介した消防団や剣士校の学生、森のカーペンターやヒンターランドの鉱山の男、などのように厳しい規律に基づいた伝統的に男性達の心技一体を探求してきたものとつながっています。

それでは同ブランドのLOOK BOOKをご覧下さい。

BOHEMIA SS18 1 BOHEMIA SS18 2 BOHEMIA SS18 3 BOHEMIA SS18 4 BOHEMIA SS18 5 BOHEMIA SS18 6 BOHEMIA SS18 7 BOHEMIA SS18 8 BOHEMIA SS18 9 BOHEMIA SS18 10 BOHEMIA SS18 11 BOHEMIA SS18 12 BOHEMIA SS18 13 BOHEMIA SS18 14 BOHEMIA SS18 15

ファースデリバリーアイテムの詳細は後日、ブログやSNSでご紹介致します。

商品についてのお問い合わせは電話またはE-mailでお問い合わせください。

通信販売をご希望の方は、こちらのオンラインショップをご利用下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


【Information / お知らせ】 YASHIKI(ヤシキ) | 2018S/S LOOK BOOK(2018年春夏ルックブック)

本日のブログでは、 <YASHIKI(ヤシキ)>2018S/SのLOOKをご紹介致します。

head_logo_01 のコピー

両毛産地である栃木にて、古くからの職人たちの技術でモノ作りを行う2014年春夏に発足された新進気鋭のニットブランド <YASHIKI(ヤシキ)>。

[ Public ] / [ Praivate ] , [ Weekday ] / [ Holiday ] , [ Business ] / [ Playing ]
オンタイムとオフタイムを行き来する、場所・時間・お金に縛られないスタイルを提案。

シーズンテーマは[ 千里浜 ] CHIRIHAMA。

車やバイクが砂浜を走っているのを見たことがありますか?

日本で唯一、石川県にそんな場所があります。

幼少期、のと里山海道から見えるその一風変わった海岸・千里浜を視界に捉えた時に私の夏休みが始まりました。

親父が運転する車の窓を全開にして潮風を浴びる。

温い風が逆に心地よく、これから始まる夏に小さい胸が躍った。

海水浴、夏祭り、かき氷、青々と成長した田んぼの稲、緑の濃くなった木々・・・

思い出す景色は色あせず、淡い色のまま私の記憶に残っています。

 <YASHIKI(ヤシキ)>2018 S/Sのテーマは私にとって夏の始まりであった「千里浜」の景色や思い出を詰め込みました。

それでは同ブランドの2018S/SのLOOKをご覧下さい。

001 002 003 004 005 010 012 013 011 014 006 017 007 018 020 022 023 024 019 021 027 028 031 032

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


 プレゼンテーション2のコピー

只今、福袋ONLINE SHOP限定で販売中。

三度目となる今回も、ブランド別・プライスごとに大変お得な内容でご用意しております。

どんなブランドのどんなアイテムが入っているかは開けてからのお楽しみです(※表記されている全てのブランドが入っているわけではありません)。

大変お得なチャンスですので、どうぞこの機会をお見逃し無く!

福袋はこちらからご注文頂けます⬇︎

http://www.links-gohongi.com/shopbrand/ct74/

 


【Information / お知らせ】 WILLY CHAVARRIA (ウィリーチャバリア) | 2018S/S LOOK BOOK(2018年春夏ルックブック)

本日のブログでは、<WILLY CHAVARRIA (ウィリーチャバリア)>2018S/SのLOOKをご紹介致します。

Unknown-1

[デザイナープロフィール WILLY CHAVARRIA]

 デザイナー WILLY CHAVARRIAはラルフローレンでキャリアを積み、2005年にニューヨークで小さなヴィンテージビジネスとしてPalmer Trading Companyをスタート。

Palmer Trading Companyではニューヨークのストリート(フリーマッケット)でヴィンテージアイテムを販売する事から自身のビジネスを始め、2010年に小さなヴィンテージショップをニューヨークのソーフォーにオープンさせ現在も運営しています。

2015FWよりWILLY CHAVARRIAをスタート。

[ブランドコンセプト WILLY CHAVARRIA]

 WILLY CHAVARRIAのベースには1940年代の“パチューコ”カルチャーが色濃く反映されています。当時“パチューコ”はあまり良い言葉ではありませんでしたが、この時代はバギー・スタイルが生まれ流行した時代です。

主にハイウエスト、ロングジャケットが生み出された時代で、多くのアメリカン・メキシカンの間で流行し、このカルチャーは総称で“パチューコ”や“チカーノ”といわれています。

デザイナーWILLY CHAVARRIAが提案するスタイリングは1980年代から1990年代のカリフォルニアのSan Joaquin Valley(サンホアキン・バレー)のストリートスタイルです。

ストリート・カルチャーを強くラグジュアリーなイメージに落とし込み、タフでマスキュリンなスタイルを仕上げました。

“私が提案する洋服は“自信”を持ってもらう為の物なのです。人々はプライド持ち、私の服を着用することによって、その気持ちを感じて欲しいのです。私は自分自身を表現したい、個性的な表現をしたい人々の為に洋服をデザインしています。”

コレクションテーマ ” CRUISING” (クルージング)

WILLY CHAVARRIA SS18 コレクションはカリフォルニアのローライダーカルチャーと80年代のニューヨークに存在したクラシックなSMレザー・バー、この決して交わる事の無い2つのカルチャーを融合させたロマンティックなストーリーを表現しました。

SS18 コレクションでは、リラックスなシルエットを演出するドロップショルダーのニットアイテムやパネリングされた美しいサテン素材とツイル生地の融合、それらにスタイリングしたポプリン生地のワイドパンツにアクセントとしてレザーアクセサリーを加えました。

デザイナーWILLY CHAVARRIAは幼少時から親交の深いアーティスト“Brian Calvin”とのコラボレーションを18SS コレクションに取り込んでいます。二人が育った場所や経験から得たアイデアを言葉やアートのグラフィックにおこし、ホワイトデニムを使用したアイテムに描きました。

18SS コレクションは驚く様な色展開と、アメリカ社会に対しての思いを言葉や全てのアイテムにグラフィックとしておとし込んでいます。これはWILLY CHAVARRIAの代表的な表現方法なのです。

[Brian Calvin /ブライアンカルヴァン]

ロサンゼルス在住。カリフォルニア・バークレー校で美術を専攻。1991年に卒業後、シカゴ・インスティチュートで1994年まで学ぶ。Anton Kern (New York), Corvi-Mora (London), and Marc Foxx (Los Angeles)で個展を開く。

ラフ・シモンズの13SS コレクションでコラボレーションを発表する。

それでは、同ブランドの2018S/SのLOOK BOOKをご覧下さい。

01-willy-chavarria-mens-ss-18 02-willy-chavarria-mens-ss-18 08-willy-chavarria-mens-ss-18 09-willy-chavarria-mens-ss-18 03-willy-chavarria-mens-ss-18 10-willy-chavarria-mens-ss-18 04-willy-chavarria-mens-ss-18 11-willy-chavarria-mens-ss-18 05-willy-chavarria-mens-ss-18 12-willy-chavarria-mens-ss-18 15-willy-chavarria-mens-ss-18 16-willy-chavarria-mens-ss-18 17-willy-chavarria-mens-ss-18 18-willy-chavarria-mens-ss-18 19-willy-chavarria-mens-ss-18 06-willy-chavarria-mens-ss-18 13-willy-chavarria-mens-ss-18 20-willy-chavarria-mens-ss-18 07-willy-chavarria-mens-ss-18 14-willy-chavarria-mens-ss-18 21-willy-chavarria-mens-ss-18

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com



 プレゼンテーション2のコピー

只今、福袋ONLINE SHOP限定で販売中。

三度目となる今回も、ブランド別・プライスごとに大変お得な内容でご用意しております。

どんなブランドのどんなアイテムが入っているかは開けてからのお楽しみです(※表記されている全てのブランドが入っているわけではありません)。

大変お得なチャンスですので、どうぞこの機会をお見逃し無く!

福袋はこちらからご注文頂けます⬇︎

http://www.links-gohongi.com/shopbrand/ct74/

 


【Information / お知らせ】 tone(トーン) | 2018S/S LOOK BOOK(2018年春夏ルックブック)

本日のブログでは、<tone(トーン)>2018S/SのLOOKをご紹介致します。

tone_logo

“ワードローブに置いておきたい物作り”をブランドコンセプトに、クリーンで都会的なニットを中心としたアイテムを展開する注目の新鋭ブランド。

【デザイナー】

TAKAHISA MAEDE

【プロフィール】

1979年生まれ、大阪府出身。

23歳で上京し、RealMad HECTICでウェアプロダクトを担当。

その後、ROC STARのデザイナーを5年間勤める。

2013年、自身のブランドtoneを始動。

2013-14 A/Wよりコレクションを発表。

今シーズンは、「」をテーマにコレクションを展開。

それでは、2018S/SのLOOKをご覧下さい。

tone18ss_01 tone18ss_06 tone18ss_05 tone18ss_04 tone18ss_03 tone18ss_02 tone18ss_08 tone18ss_14 tone18ss_12 tone18ss_11 tone18ss_10 tone18ss_09 tone18ss_15 tone18ss_13 tone18ss_07

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com



 プレゼンテーション2のコピー

只今、福袋ONLINE SHOP限定で販売中。

三度目となる今回も、ブランド別・プライスごとに大変お得な内容でご用意しております。

どんなブランドのどんなアイテムが入っているかは開けてからのお楽しみです(※表記されている全てのブランドが入っているわけではありません)。

大変お得なチャンスですので、どうぞこの機会をお見逃し無く!

福袋はこちらからご注文頂けます⬇︎

http://www.links-gohongi.com/shopbrand/ct74/

 


【Information / お知らせ】Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス) | 本日より2018S/Sファーストデリバリースタート!!

本日、12月23日(土)より、<Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス)>2018S/Sのファーストデリバリーがスタート致しました。

top_sas

Designer :

Daisuke Yokoyama / 横山大介

Web :

http://www.sasquatchfabrix.com

Concept :

「HIGH PERFORMANCE VANDALISM. ALWAYS PRESENTING A SENSE OF RRESHNESS.」をコンセプトに男心をくすぐる良質で雰囲気のあるアイテムを展開。

ファッションとは時代の民度を強く反映させたものであり、そうあるべきものだと考えます。
常に前衛的でなければならないものであります。

私たちなりの「ファッション」を表現するために、その時代に対して、強度のあるテーマを設定し、クラシカルの肯定と否定を繰り返しながら前衛的で「遊び心」のある洋服づくりをしています。

また世界が同時に情報を共有する時代となり、文化の均質化が進み、地域性のある衣服が失われつつあります。新しい時代のリアリティを追究し、固有の地域に住む者、この時代に生きた者にしか作れない民族性のある物作りも私たちにとって重要なテーマのひとつになっています。

2018A/Wのテーマは、”まれびと”。

同ブランドのLOOK BOOKを再度ご覧下さいませ。

01020304050607080910111213141516171819202122232425

尚、ファーストデリバリーアイテムは以下の通りです。

Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス) | “SENSOU” CREWNECK L/S(“千層”クルーネックロングスリーブ)
Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス) | HAKAMA LINEN PANTS(袴リネンパンツ)
Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス) | ORIENTAL DRESS SLIPON(オリエンタルドレススリッポン)

尚、入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


【Information / お知らせ】 TONSURE(トンシュアー) | 2018S/S LOOK BOOK(2018年春夏ルックブック)

本日のブログでは、<TONSURE(トンシュアー)>2018S/SのLOOK BOOKをご紹介致します。

logohome

<Maison Martin Margiela(メゾン・マルタン・マルジェラ)>に在籍したデザイナーが、2014 A/Wよりスタートしたデンマークのブランド<TONSURE(トンシュアー)>。

デザイナーを勤める”MALTE FLAGSTAD(マルテ・フラッグスタッド)”は、セントラル・セントマーチン芸術大学出身。

2012年まで<Maison Martin Margiela(メゾン・マルタン・マルジェラ)>のデザインチームにて、メンズウェアのデザイナーを務めていたという輝かしい経歴の持ち主です。

ヨーロッパの厳選された工場を生産背景とし、トラディショナルなメンズウェアをベースにしながら、ハイクオリティな素材使いやさりげないディテールを配すなど、様々な要素を取り込んだアイテムが多く、どこか普通とは異なるプロダクトを生み出しています。

それでは、同ブランドの2018S/SのLOOK BOOKをご覧下さい。

810-1 810-2 810-3 810-8 810-9 810-10 810-4 810-11 810-5 810-12 810-6 810-13 810-7 810-14 810-15 810-16 810-18 810-19 810-20 810-17 810-21 810

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


 プレゼンテーション2のコピー

只今、福袋ONLINE SHOP限定で販売中。

三度目となる今回も、ブランド別・プライスごとに大変お得な内容でご用意しております。

どんなブランドのどんなアイテムが入っているかは開けてからのお楽しみです(※表記されている全てのブランドが入っているわけではありません)。

大変お得なチャンスですので、どうぞこの機会をお見逃し無く!

福袋はこちらからご注文頂けます⬇︎

http://www.links-gohongi.com/shopbrand/ct74/


【Information / お知らせ】 X(バツ) | 2017-2018A/W LOOK

本日のブログでは、今シーズンより取り扱いがスタートした<X(バツ)>2017-2018A/WのLOOK BOOKをご紹介致します。

名称未設定1

2017-2018A/Wよりスタートする新ブランド、X(バツ)。

セレクトショップのバイヤー、ドメスティックブランドのディレクション、企画など国内外で様々な経験を積んだデザインチームによるアンコンセプチュアルで"今着たい服"を表現。

0718_hon_-1 0718_hon_-2 0718_hon_-3 0718_hon_-4 0718_hon_-5 0718_hon_-6 0718_hon_-7 0718_hon_-8 0718_hon_-9 0718_hon_-10 0718_hon_-11 0718_hon_-12 0718_hon_-13 0718_hon_-14 0718_hon_-15

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


【Information / お知らせ】 FRANK LEDER(フランクリーダー) | 8月19日(土)より2017-2018A/W ファーストデリバリースタート!

8月19日(土)より、<FRANK LEDER(フランクリーダー)>2017-2018A/Wのファーストデリバリーがスタート致します。

そこで本日は、同ブランドの今シーズンのテーマとルック、そして入荷アイテムをご紹介致します。

名称未設定 2 のコピー

AUTUMN / WINTER 2017-2018

“DER UNSICHTBARE FEIND”

「見えない敵」

今シーズンのトピックはドイツの西と東でかつてあった冷戦時、1950年代、1960年代にベルリンの西と東で起こっていた知的スパイ活動の物語です。

全ては情報の収集、敵陣の観察、偽装、情報監視、尾行にまつわるもの。

コレクションのファブリックやシェイプには、これらのトピックが反映されています。

また、幾つかのガーメントにはシークレットアイテムや気の利いた小物が。

どれもあなたがスパイをする時に必要になるはず。

Frank Leder

2 1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

入荷アイテムの詳細は後日ブログにてご紹介致します。

商品についてのお問い合わせは電話またはE-mailでお問い合わせください。

通信販売をご希望の方は、こちらのオンラインショップをご利用下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


fullsizeoutput_831b

只今、店舗とオンラインショップにてファイナルセールを開催中です。

MORE SALE時よりも更に割引率やセール対象商品も増え、大変お求めやすくなっております。

この機会に是非ともご利用頂きますよう心よりお待ち申し上げております。

【開催期間】2017年8月10日(木)〜8月20日(日)

【開催店舗】LINKS、LINKS ONLINE SHOP


【Information / お知らせ】 STUDIO NICHOLSON(スタジオニコルソン) | 8月9日(水)より2017-2018A/W ファーストデリバリースタート!!

明日8月9日(水)より、新規で取り扱いがスタートするブランド、<STUDIO NICHOLSON(スタジオニコルソン)>2017-2018A/Wのファーストデリバリーがスタート致します。

fullsizeoutput_641f

イギリス発のブランド「STUDIO NICHOLSON」がデビュー7年目の2017-18FWシーズンより、メンズコレクションをスタート。

デザイナーNick Wakemanはもともと紳士服でキャリアをスタートさせ、ウィメンズワードローブでも、シルエット、ディテール、仕上げ、テキスタイルなど様々な側面でメンズ的要素を程よく取り込んだクリーンなコレクションを発表し続けています。

新たにプロダクトディレクターにCharlie Mellorを加え、Paris Fashion Weeks / Fall-winter 17 / 18の展示会でメンズのデビューコレクションを発表。

ニックいわく“私の欲しい服はいつもメンズテーラーだった。そしてやはりいつも着ていたものはメンズ。紳士服に対してより強い感情的な思いを抱いていたのは、やはり以前、私が元紳士服デザイナーとして、シルエット、ディティール、そして仕上げというデザインの全側面に対して男性的な視点を通してアプローチしていたからだと思うわ。”と。

「“ STUDIO NICHOLSON」という婦人服のビジネスを始めて6年が経ち、自分のもっている紳士服への思いを形にするタイミングが今だと覚りました。 私たちは婦人服のSTUDIO NICHOLSONとともに新しく、紳士服のSTUDIO NICHOLSONをスタートするべくCharlie Mello(r チャーリー メロー)をメンズのプロダクトディレクターとして招きました。チャーリーはFred Perryで8年間デザインセクションのトップを務め、その期間にRaf Simons, Drakes,Comme des Garçonsらと一緒にプロジェクトをするなど、様々なビジネスコラボレーションを行ってきた人物。様々な彼の持っている男性的な視点と私の持っているものが相乗効果で更なるプラスの機能として働くはず。

ウィメンズとしての男性的な要素を含んだ婦人服「STUDIO NICHOLSON」を探し求めたどり着いた今、この2017年の秋冬に紳士服「STUDIO NICHOLSON」を発表します。

レディースのデザインと同時期に製作されるメンズは、同様に丁寧にデザイン構築され、かつコーディネート(スタイリング)を建築的に提供していきます。 いまこそまさに私のメンズがマーケットに求められ始め自然な状態で進行していくと信じています。ここ数カ月のこのメンズのデザイン活動は、信じられないほどのエナジーを私に与え続け、近い将来新たな未知の領域へ飛び込めるかもと自分自身でエキサイトしているのです。 補足しますが、メンズは決して小さいサイズでもレディースショップにて展開はしていきません。決してユニセックスとして今後の進歩を望んでいないからです。 つまり同じ生地を使って同じスタイリングのデザインに見えても、実はまったくパターンカッテイングは別物なのです!

メンズは紳士服、レディースは婦人服なのです!ジェンダーレスでは決してないのです

見た目はミラーのように対象的で同じ(ただのサイズ違い)に見えますが全く違うのです。 そこが私のデザイン活動に駆り立てられたのでしょう。

PF17 Womenswear & AW17 Menswear

Nostalgia

名称未設定2

私が元紳士服デザイナーとしてメンズウェアを作る過程で私の中にあったミューズは、DAVID BOWIEデヴィッド・ボウイ のような20世紀で最も影響力を与えたアーティストたち。しかし年月が経つにつれ、様々なイメージソースが生まれプリミティブなものが次第に薄れていき、私のデザインプロセスから遠ざかっていったの。 私が通ってきたユースカルチャーやサブカルチャーが今回のデザインにおいてのインスピレーションになってきたけど、 それはこのプリミティブなこの感覚に他ならないわ。今となってはノスタルジックに私へ影響しはじめているのよ。

ウィメンズラインと同様のワードローブを提案した初のメンズコレクションは、上記で述べた、薄れ始めていた過去へのプリミティブな感覚を ” Nostalgia ” ノスタルジアとしてテーマにしているの。更なるフレッシュなエレメントをバランスよくこれに注ぎ込みコレクションを組立てていった。

生地の原産地や服が作られる現場の工程は、私にとって非常に重要な製作のファクター。それはロンドンメイドのデニム、 ニット、アウターウェアやイタリアメイドの30 回以上洗われたEgyptian cotton や、2 重の糸で作られている100番双糸で頑丈なend on end といわれる生地でつくられたシャツに表現されています。またトーキング・ヘッズのDavid Byrneデヴ ィッド バーンのコートにインスピレーションを受けたEnglish Herringboneのコートとballoon パンツに使われているthorn proof wool は、ともにYorkshire にあるAbraham Moon(1837 年創業のイギリスの名門ミル)の伝統的な永く使われてきた今も 昔も変わらない紳士服の柄を代表する造りの生地。 ほかにはVentileというパフォーマンス性が高い独特なイギリス発の生地は、定番的なアーミーコートなどに近代的なパーツを組み立て、高密度な生地がゆえに新たなシルエットを作り出すことができたわ。 コレクションなかでアイコンとなるスタイルは、主に90 年代という時代をより濃く表現しているのだけれど、特に、David Byrne にインスパイアされたコート、Natasha Kinski のギャバジン生地のオーバーサイズスタンドカラーシャツジャケットやスラックス、David Bowie のプリーツフロントパンツ、そして、ロックバンドTalking Heads のシャツなどなど。今回のコレクションは90年代という時代を語っているんだけれど、それぞれのスタイルにさらに別のストーリーも含まれているの。より一層の変化と奥行きを含ませて。

参照: MOODBOARD

https://www.studionicholson.com

それでは、2017-2018A/Wのルックブックを再度ご覧下さい。

studionicholsonMen_2017aw_001

studionicholsonMen_2017aw_002

studionicholsonMen_2017aw_003

studionicholsonMen_2017aw_004

studionicholsonMen_2017aw_005

studionicholsonMen_2017aw_006

studionicholsonMen_2017aw_007

studionicholsonMen_2017aw_008

studionicholsonMen_2017aw_009

studionicholsonMen_2017aw_010

studionicholsonMen_2017aw_011

studionicholsonMen_2017aw_012

studionicholsonMen_2017aw_013

studionicholsonMen_2017aw_014

studionicholsonMen_2017aw_015

studionicholsonMen_2017aw_016

入荷アイテムに関しては後日ブログにてご紹介致します。

入荷のご連絡も承っておりますので、お気軽に電話またはE-mailでお問い合わせ下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


【Information / お知らせ】 CLASS(クラス) | 2017-2018A/W ファーストデリバリースタート!!

本日、<CLASS(クラス)>より2017-2018A/Wのファーストデリバリーがスタート致しました。

f0226010_21273044

デザイナー堀切 道之氏 が手がける、「恒久的なアイテムをアヴァンギャルドに、アヴァンギャルドなアイテムをリアルクロージングに」というテーマでスタイリングに重きを置き構成されたパーソナルブランド。

- CLASS 2017-2018 A/W COLLECTION THEME -

TRACE / LIFE & DIE

<CLASS(クラス)>2017-2018A/Wシーズンは、日本出身の美術家で、コンセプチュアル・アートの第一人者として国際的にきわめて高い評価を受けており、日本出身の現代美術家のなかで世界的にもっとも著名な1人、「河原 温」から影響を受けたコレクション。

過去の軌跡、今その時に残す軌跡、そして未来に向けて残すであろう軌跡。

人間の持つ死生観

表層のデザインではなく、素材やテクニックにこだわり、私たちが残していきたい物を丁寧に作ることに重点を置いたコレクション。

本日のブログでは、同ブランド2017-2018A/WのLOOK BOOKを再度ご紹介致します。

pool1

pool6

pool4

pool7

pool8

pool3

pool2

pool5

pool9

class5

class8

class1

pool10

pool12

class9

class2

class6

class7

class4

pool11

class10

class12

class11

class3

尚、入荷アイテムに関しては後日ご紹介致します。

商品についてのお問い合わせは電話またはE-mailでお問い合わせください。

通信販売をご希望の方は、こちらのオンラインショップをご利用下さい。

1921052_587882987967688_1304240006_o

■ADDRESS : ZIP.153.0053 2-42-5 1F GOHONGI MEGURO KU TOKYO

■TEL&FAX : 03-3791-7160

■E-MAIL : shop@links-room.info

■ONLINE SHOP : http://www.links-gohongi.com


fullsizeoutput_750b

只今、店舗とオンラインショップにてモアセールを開催中です。

更に割引率やセール対象商品も増え、大変お求めやすくなっておりますので、この機会に是非ともご利用頂きますよう心よりお願い申し上げます。

【開催期間】2017年7月22日(土)〜

【開催店舗】LINKS , LINKS ONLINE SHOP